虹をわたって

アクセスカウンタ

zoom RSS 光で包み込む

<<   作成日時 : 2011/09/08 08:58   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0




私の大きなトラウマは小学生のときのもので、

性犯罪にあったのですが、

そのことにより、男性恐怖が大きくでてしまい、女性も怖くなるときもしばしばでした。


怖いー!って思ってるときはただただ怖くて、なぜ怖いのか?
何が怖いのかはその場で感じることはできないけれど、

日常過ごしているあらゆる場面でそれが出てくるので、

とても困っていました。男性と話さなくてはならないときは動悸が止まらなかったり、

電車の中で男性と目が合っただけで、怖かったり。

この人と気が合いそうな!と思っていても突然怖くなってとんでもない傷つけ方を

してしまったり・・・変に仲良くならなくちゃ!というプレッシャーから変に仲良くなちゃったり。

彼といても安心できなくなっていた。

そんな風に、傷つけたり拒んだりすることが、相手の心のエネルギーを奪ってしまって
いたことに気がついた。


関わって傷つけてしまった方々、ごめんなさい。


ぎゃん!とその怖さを体の外に取り出してかなり分厚い金属のようなプレート
だったから、レーザー光線で焼き尽くしました。


そのトラウマの原因となった人と未だに、イメージしてみると、繋がっていて、

顔も一度しか見たことがないのに鮮明に覚えていて、

こんなに時間がたってるのに、「うそでしょ!」と思いながら、

そのときの匂いなども浮かんできたので、その匂いが金輪際しないスプレーで

消臭しました。

繋がっていた、というか白いふわふわの包帯のようなもので縛られていた

その布をはずして、その人と私の間に置いて、燃やしました。めらめら赤から青い炎で焼き尽くされるのを

見届けてから、ほんの出来心?でその犯罪に及んだがために私は自分らしく振舞えない、

いつも怖い気持ちをどこかに抱えながら生きてきたんだよ!

という怒りを思いっきり感じて・・・光で包んでその人を許すと決めました。


犯罪レベルの行為、なのに、私はどこかでその人を守らなくてはいけない・・・

という気持ちと、私にも罪がある、という自己否定がずっとついてまわっていた。


だから、ママにも、そのとき一緒にいて待っていた妹にもパパにも、クラスのみんなにも、学校の先生にも

誰にも話せなくて・・・いつも大丈夫な自分でいるか、もう一人の自分が見張ってた。
その話さなくちゃいけないのに、話せないことも、罪悪感になって・・・

自分は悪いことをした人・・・という意識が常に私の中にあった。




人と仲良くしてても、本当の自分は悪い人だから、本当のことを知ったらきっと嫌われる・・・

怖くて、さみしくて、誰といてもいつも一人ぼっちの気分でそのことを悟られないように

明るく振舞って・・・しんどかった。いつもさみしかった。


ずっとそのトラウマと向き合って解決したつもりでいたけど、

先日、ある方にお話できたことによって、まだ解決できていなかったことを知りました。


それが、どうしてもママを心配させたり傷つけてしまうんじゃないかと思っては、

毎日言おうとしてたけど、言葉をずっと飲み込んできた。


話があるの・・・といっても忙しそうだったりしたこともあった。


そのことも、どうして私の気持ち、こんなに辛いのに理解してくれなくて、
自分のことばっかり話すの?私の話を聞きたくないから忙しくしてるんじゃない?
って心の中でいつも責めていた。

もっと、いい子にすれば・・・
もっと、ピアノがうまくなれば・・・
もっと、優しい子になれば・・・
もっと、勉強がんばれば・・・
もっと、明るく振舞えば・・・


話す機会を作ってくれるのかなって、すごいがんばった。



でも、がんばってもがんばっても、話すことができなくて、いつしか、がんばることは
話をしなくていいことに変わっていった。


ずっと、がんばり方がちがっていたんだね。


その動機からがんばっても、自分も、自分のことを愛してくれてる人も、愛する人も
幸せにはなれない、と知った。


そのときに、私はちゃんと、ママに話して、辛い思いを聞いてもらえばよかったのに・・・と今は思う。
でも、それができなかったんだ、とそのことを認めてあげよう。


話すことができない自分を責めるのはもうやめよう。
話しをすることが辛くて、
ちゃんと話さなきゃって脅迫的に追い込むのももうやめよう。



もう責めないようにしよう。

誰も悪くない、




自分が幸せになるために幸せなことをしていいと許してあげよう。

なかなかすぐには難しいかもしれないけれど、怖くなったらイメージを思い出して、
何度も何度もやってみる。

話せなくなったら、光を吸い込んで自分を包み込んで・・・















性犯罪被害にあうということ
朝日新聞出版
小林 美佳

ユーザレビュー:

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by 性犯罪被害にあうということ の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル

犯罪被害の体験をこえて?生きる意味の再発見
現代人文社
ハワード ゼア

ユーザレビュー:

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by 犯罪被害の体験をこえて?生きる意味の再発見 の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル

月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
光で包み込む 虹をわたって/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる